ここから本文です

スウォンジーが獲得へ、元マンCのFWアデバヨール「契約更新すべきだった」

6/15(木) 15:51配信

SOCCER KING

 スウォンジーが元トーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨールに興味があると、イギリス紙『デイリー・ミラー』が14日報じた。

 トッテナムやマンチェスター・Cのストライカーとして活躍していたアデバヨールがスウォンジーと接触しているようだ。スウォンジーは同選手との契約を考える上で、マルセイユの元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスが関連しているという。ゴミスは現在スウォンジーからマルセイユにレンタル移籍しており、今シーズンはマルセイユで33試合に出場し21得点を挙げている。しかし、同選手はスウォンジーのポール・クレメント監督のもとでは信頼を得られておらず、そこでスウォンジーはゴミスに代わってアデバヨールをピックアップしていると伝えられている。

 自身の去就についてアデバヨールは「僕は、世界最高のリーグのクラブで素晴らしい経験をした。僕が犯してしまった唯一の誤りは、2016年1月にクリスタル・パレスと契約更新しなかったことだ。僕の周囲は僕のために、『マヌー、もう一度(プレミアリーグで)プレーしてみなよ!』と言って勇気づけてくれている。僕のキャリアであれは本当に最悪の決断だったよ」と語り、契約を更新しなかったことを悔やみつつ、プレミアリーグ復帰の想いを明らかにした。

 アデバヨールは1月にトルコのイスタンブール・バシャクシェヒルFKに入団した。今シーズン、アデバヨールは11試合で6得点を挙げ、クラブをチャンピオンズリーグ圏内の2位に導いている。

SOCCER KING

最終更新:6/15(木) 15:57
SOCCER KING