ここから本文です

【ライターコラムfrom福岡】もはや広報!? 堤俊輔の『ツツスタグラム』が好評

6/15(木) 15:10配信

SOCCER KING

 アビスパ福岡のファンやサポーターの間で、じわりじわりとフォロワーを増やしているインスタグラムがある。DF堤俊輔が発信する『ツツスタグラム』だ。

アビスパ福岡DF堤俊輔の『ツツスタグラム』

 堤の公式アカウントとして発信を始めたのは、今年3月。「ロッカーとか移動バスの車内とか、サポーターの方々が普段見られない場所で、いろいろと面白いことが多くて、選手の素の部分などを選手目線で発信できたらいいかな」という思いからスタートさせたツツスタグラムは、約3カ月でフォロワー数が2,000人を超えるという人気ぶり。選手のインスタと言えば、自身のことをアップすることが多いが、ツツスタグラムはアビスパの選手たちが登場し、ロッカールームの様子や、筋トレ風景、時には上半身裸の選手が登場するサービスカット付きで、動画でアップされる堤との絶妙なやり取りから、選手たちの“日常”が垣間見えるものになっている。何より、堤自身が「楽しんでやっている」という雰囲気が伝わってきて、見ている方も楽しくなる。

「ピッチの上では真剣勝負、メディアの前では真面目な選手たちを、もっと身近に感じてもらって、アビスパの選手たちやアビスパというクラブのことを多くの人に知ってもらえれば」と、堤の使命感はもはや広報並み。しかし実際に、ツツスタグラムでアビスパ福岡というチームを知ったフォロワーもいるそうで、立派な広報ツールと言っても過言ではないだろう。

 最近よく登場するのが、今年加入したMF山瀬功治。「ロッカーが隣りだから」という理由だそうだが、何となく謎めいた雰囲気のある山瀬の“おちゃめな部分”が引き出されていて、確かに身近に感じることができる。今回、この取材に合わせてアップしてくれた写真が、最年長コンビの山瀬&駒野友一。2人は年下からの“イジリ”にも優しく対応してくれる存在らしく、そこからチーム内の雰囲気の良さが窺える。

 今後は「クラブ公式のインスタとコラボした企画なども発信したい」と堤。クラブのインスタも、Jリーグの公式インスタグラムより早い2015年7月から始めており、こういったツールをファン拡大や集客につなげていくことは、クラブとしても課題になってくるだろう。さまざまな可能性を秘めたツツスタグラム…今後も目が離せない。

文=新甫條利子

SOCCER KING

最終更新:6/15(木) 15:10
SOCCER KING