ここから本文です

DAZNが18-19シーズンより3年間の欧州CLおよびELの独占放映権を獲得

6/15(木) 14:41配信

ゲキサカ

 スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は15日、2018-19シーズンから2020-21シーズンまでの3年間、UEFAチャンピオンリーグ(欧州CL)、UEFAヨーロッパリーグ(EL)、UEFAスーパーカップの全試合の独占放映権を獲得したことを発表した。

 本大会出場権を争うプレーオフからグループリーグ、そして決勝トーナメントまで、全試合のライブ中継と、試合終了後の見逃し配信・ハイライト映像を放送する。なお、2017-18シーズンまでは「スカパー!」が放映権を持っている。

 2017シーズンよりJリーグの全試合を生中継する「DAZN」では、欧州サッカーにおいてもリーガ・エスパニョーラ、ブンデスリーガ、セリエAなどの主要リーグのほか、FA杯、コパ・デル・レイなどのカップ戦を放送しており、2018-19シーズンからは欧州最高峰の大会である欧州CLを筆頭にしたUEFA(欧州サッカー連盟)主催の3大会がラインアップに加わることになる。

 今回の放映権獲得を受け、「DAZN」のジェームズ・ラシュトンCEOは「欧州トップクラスの大会の独占放映権を取得できたことを大変喜ばしく思っております。日本のサッカーファンの皆様に、世界有数のクラブで活躍する、世界一流の選手の名試合を、テレビをはじめとする各種の対応デバイスにてお楽しみいただけることを願っております」とコメントしている。

最終更新:6/15(木) 14:46
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報