ここから本文です

インパルス堤下謝罪「人を傷つけなかったのが幸い」

6/15(木) 8:06配信

日刊スポーツ

 お笑いコンビ、インパルスの堤下敦(39)が14日未明、サウナに入った直後、睡眠薬など3種類の薬を飲んで乗用車を運転、都内路上で意識がもうろうとした状態で見つかった。警視庁調布署の事情聴取を受ける事態になり、夕方会見し「睡眠薬が作用するまでの時間を勘違いしてしまった」と謝罪した。所属の吉本興業は口頭で厳重注意した。刑事罰を受けない見込みのため、今日15日から通常通り仕事をする。

【写真】過去にはスピード違反、玉突き事故/堤下敦略歴

 堤下は14日午前2時半ごろ東京・狛江市の世田谷通りで、中央線をはみ出し停車した乗用車の運転席で、ハンドルにもたれかかった状態で見つかった。タクシー運転手が110番通報した。調布署などによると堤下を病院に搬送し点滴治療し検査。睡眠導入剤成分は検出されたが、アルコールや違法薬物の反応はなかった。薬物の影響で正常な運転ができなかった可能性があるとして道交法違反容疑で事情聴取を受けた。

 夕方都内で会見し「慢心があった。全て僕の責任、認識不足、甘さです」と謝罪。最近体のかゆみを訴えアレルギーの治療を受けていた。オフの13日夜、銭湯でサウナを利用。その後医師から処方された、眠りの質を高める「ベルソムラ20ミリグラム1錠」、熟睡できるようにする「レンドルミンD錠0・25ミリグラム1錠」、アレルギーをおさえる「アレジオン錠20ミリグラム2錠」を牛乳で飲んだ。「銭湯から自宅まで車で10分足らずなので、いいだろう、家に着いてから(睡眠薬が)作用すると思った」と説明した。

 薬は13日に処方。「体がかゆくて眠れないと(医者に)訴え、寝不足も原因かも、と初めて睡眠薬をいただいた」と説明した。「急に意識がなくなった。ガガガガガッという衝撃でぶつかっちゃったと思ってブレーキを踏んだ。その先は覚えていない。僕以外の人を傷つけなかったのが不幸中の幸い」と汗をぬぐった。

 先月3年4カ月ぶりにブログを再開。「いろいろと悩みがある」と書いていた。「たまたま人前に出る仕事だから書き込んだだけ。ストレスの原因はじんましん。おなか回りもかゆくて」と精神的な悩みからの“暴走”は否定した。

 相方板倉俊之は14日夜、ツイッターに「堤下がご迷惑をおかけしました。すみませんでした。会見後に連絡があり、本人もたいへん反省しておりました」と記した。車体一部に擦ったような跡があったが、関係者によると今回の件は、物損事故として処理され刑事罰がない見込み。そのため仕事については「迷惑がかからないようやっていきたい」として今日15日の九州での営業から通常通り行う。

 出演中の今日15日最終回のフジテレビ系連ドラ「人は見た目が100%」(木曜午後10時)放送について同局は検討中。レギュラーのNHKBS1「チャリダー★」(土曜午後6時)は17日の放送を延期し過去の回を再放送。その後は未定。23日に中京テレビ「はやりば」収録に参加、24日には都内でライブに出演する。

 ◆堤下敦(つつみした・あつし)1977年(昭52)9月9日、神奈川県生まれ。東京NSC(吉本総合芸能学院)第4期生。同期だった板倉俊之と98年にインパルスを結成。03年から日本テレビ系「エンタの神様」、05年からフジテレビ系「はねるのトびら」などに出演しブレーク。04年、日本テレビ系「ナースマンがいく」などドラマ出演も。

<堤下とトラブル>

 ▼08年9月 制限速度50キロの一般道を80キロで走行したスピード違反の疑いで摘発。

 ▼10年3月 都内で乗用車を運転中、別の車を運転していたロバート秋山竜次とともに玉突き事故に巻き込まれた。

 ▼11年3月 ダンス指導者の女性と結婚。06年10月にはテレビで共演したモデル土岐田麗子から告白され交際したが08年1月破局。

 ▼13年1月1日 テレビ東京系特番に出演した森三中大島美幸が、堤下が黒沢かずこをいじめていたと暴露。大島が「マジでクソ野郎」などと怒り話題に。

 ▼15年11月 ネット番組生放送で、悩み相談をしてきた一般女性に対して「ケンカしてえのか、コラ!」などと暴言を吐いた。

最終更新:6/15(木) 8:36
日刊スポーツ