ここから本文です

阪神西岡2軍戦「1番・中堅」で出場、好守備披露

6/15(木) 15:30配信

日刊スポーツ

<ウエスタン・リーグ:中日-阪神>◇15日◇ナゴヤ球場

 阪神西岡剛内野手(32)が15日、昨年7月の左アキレス腱(けん)断裂後初めて外野守備に就いた。

 ウエスタン・リーグ中日戦(ナゴヤ)に「1番・中堅」でスタメン出場した。初回1死から中日2番谷の中堅後方の打球を追いかけ、地面に倒れ込みながら捕球。3回1死二塁には好判断を見せる。1番友永の当たりを右翼江越がダイビングするも捕球できずに、西岡がカバー。捕球後すかさず二塁に送球し、打者走者の友永をアウトにした。

 西岡の外野守備はプロ入り後、16年6月に3試合のみ。「(初回の守備は)取れて良かった。守れないと上(1軍)に上がれない。セ・リーグはDHはないから。まだ遊撃と中堅の1回しか守っていない。続けて出られる状態にしないといけない」と振り返った。

 打っては5回先頭の第3打席に三遊間を抜ける左前打。3打数1安打で5回の守備からベンチに下がった。

最終更新:6/15(木) 17:13
日刊スポーツ