ここから本文です

立正大15季ぶり1部昇格、主将河津がサヨナラ打

6/15(木) 15:30配信

日刊スポーツ

<東都大学野球1、2部入れ替え戦:立正大7-6専大>◇第3日◇15日◇神宮

 立正大が、劇的なサヨナラ勝ちで15季ぶりの1部昇格を決めた。同点で迎えた9回裏1死三塁、主将の河津和也内野手(4年=日大三)が三塁線を破る適時打を放った。

【写真】サヨナラ勝ちで1部昇格を果たした立正大・坂田監督は選手に胴上げされる

 坂田監督は「苦しい戦いでした。やってきたことが間違いではなかった。結果として出て良かった」と目を潤ませた。河津は「(サヨナラ打は)野球人生で初めて。夢のようでした」と声を弾ませた。

最終更新:6/15(木) 16:54
日刊スポーツ