ここから本文です

則本記録止まる、広島3連勝/15日交流戦まとめ

6/15(木) 22:33配信

日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦>◇15日◇東京ドームほか

◆阪神原口がサヨナラ打、西武シュリッター踏ん張れず

【写真】陽岱鋼、頭部死球にカンカン!森退場/乱闘リプレー

<日本生命セ・パ交流戦:阪神3-2西武>◇15日◇甲子園

 阪神は1回、2死二塁から福留の右前適時打で先制。西武は2回の2死満塁など3回まで毎回走者も、2度の盗塁死などで無得点。

 西武は4回にメヒアの10号2ランで逆転。阪神も6回1死一、二塁から、代打・伊藤隼が右前適時打を放ち同点に追い付く。

 阪神は7回桑原、8回マテオと中継ぎ陣が好投。西武も武隈、牧田とリレーして阪神の攻撃をかわし、試合は延長戦となった。

 阪神が10回、サヨナラ勝ちを収めた。中谷のヒットなどで1死満塁とし、原口がシュリッターから左前に適時打を放った。高橋が2勝目。西武シュリッターは初黒星を喫した。

◆ヤクルト原樹理2勝、楽天則本連続2桁K8で止まる

<日本生命セ・パ交流戦:ヤクルト6-2楽天>◇15日◇神宮

 序盤は両チーム無得点。楽天則本は、3回まで毎回の4奪三振で1安打無失点に抑えた。ヤクルト原樹も3回まで1安打無失点。

 楽天は4回にウィーラーのソロで先制した。ヤクルトは5回にスクイズで追い付くと、6回は雄平の2点適時二塁打で勝ち越した。

 ヤクルトは7回に失策と坂口の適時打で2点を追加した。原樹が2勝目。楽天則本は、連続2ケタ奪三振が8試合でストップした。

◆DeNA宮崎逆転満弾&ロペス2発 ロッテ借金22

<日本生命セ・パ交流戦:DeNA6-2ロッテ>◇15日◇横浜

 DeNAは1回、ロペスのバックスクリーン左への12号ソロで先制した。ロッテは2回、パラデスの4号ソロで同点に追いついた。

 ロッテは4回、パラデスが右翼へ場外本塁打。DeNAは5回、セ・リーグ首位打者の5番宮崎が逆転満塁本塁打を放った。

 DeNAは7回、ロペスがこの試合2本目の13号ソロ。先発の熊原は5回2失点も援護に守られ3勝目。ロッテは連敗で借金22。唐川は7敗目。

◆広島3連勝、今季最多貯金17 オリックスは4連敗

<日本生命セ・パ交流戦:広島7-2オリックス>◇15日◇マツダスタジアム

 広島が1回にオリックスのディクソンから丸の2点適時二塁打など打者9人で5点を奪った。広島先発岡田は3回まで無失点。

 オリックスは4回にロメロが10号2ランを放つも、広島は6回にエルドレッドの16号ソロで再びリードを4点に広げた。

 広島が交流戦2度目の同一カード3連勝で貯金は今季最多17。オリックス戦は15年から9連勝。岡田が7勝目。オリックスは4連敗。ディクソンが5敗目。

◆日本ハムが接戦制し2連勝 中日ゲレーロ弾も及ばず

<日本生命セ・パ交流戦:中日4-5日本ハム>◇15日◇ナゴヤドーム

 中日鈴木、日本ハム上沢の投げ合い。日本ハムは得点圏に走者を置くも得点につながらなかった。中日は3回まで1安打無得点。

 日本ハムは5回2死満塁で市川の2点適時打で先制し、6回に1点追加。中日は2点を追う6回にゲレーロ、平田の適時打で同点。

 日本ハムは8回、松本の一邪飛と西川の適時打で2点を勝ち越し。その裏、中日ゲレーロに19号ソロも逃げ切り2連勝。宮西が1勝、増井13セーブ目。中日ジョーダン2敗目。

◆ソフトバンク連敗止まる、岩崎3勝!巨人内海5敗目

<日本生命セ・パ交流戦:巨人3-7ソフトバンク>◇15日◇東京ドーム

 ソフトバンクは3回、鶴岡の2号ソロで先制した。先発中田は2回と3回に2死満塁のピンチを招いたが、無失点で切り抜けた。

 ソフトバンクが4回、6回に1点ずつ追加。巨人は先発内海が4回2失点で降板したが、5回に代打阿部の犠飛で1点を返した。

 ソフトバンクが連敗を2で止めた。7回に中村晃の適時打で1点追加。8回も柳田の適時二塁打などで3点を追加し試合を決めた。ソフトバンク6番手岩崎が3勝目、巨人内海は5敗目。

最終更新:6/15(木) 23:03
日刊スポーツ