ここから本文です

広島岡田6回降板が評価…悔しさ持って/広瀬叔功氏

6/15(木) 22:39配信

日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:広島7-2オリックス>◇15日◇マツダスタジアム

 4点リードの6回2死で広島岡田に代打が出た。6回2失点での降板。球数は86球だった。ベンチの判断材料は6回の投球だろう。2死から下位打線に連打を浴びた。それも浅いカウントからボールが中に集まって打たれた。突然崩れる悪癖がある岡田だけに、その傾向を察知したはずだ。「打たれる→甘くなってはいけない→四球→ピンチを背負う」という悪循環に陥る前のジャッジと見る。

【写真】広島緒方監督40勝一番乗り「安部の本塁打大きい」

 投げているボールは超がつくほどの一級品。伸びのある直球にはほれぼれする。だが、このタイミングでの交代が、偽らざる今の岡田の評価だ。与えた四球は4回の1つだったが、直後に2ランを浴びていては信頼は得られない。精神的にも余裕がなくなっていることが見て取れた。今後は経験を積み、力の入れ時、抜き時を学んでいってほしい。そして、何よりの原動力となる悔しさを持ち続けてほしい。(日刊スポーツ評論家)

最終更新:6/15(木) 23:10
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報