ここから本文です

にゃんごすたー 地元・黒石に凱旋/グッズ販売も

6/15(木) 10:34配信

Web東奥

 青森県黒石市の非公認ゆるキャラで、プロ顔負けのドラムテクニックが注目を集めている「にゃんごすたー」が14日、同市の津軽黒石こみせ駅に凱旋(がいせん)、公式グッズ販売の記念セレモニーに出席した。一目見ようと詰め掛けた園児らから「かわいい」「ドラム、頑張って」など地元出身の人気者に熱い声援が飛んだ。
 セレモニーは本人と市の企画。胸元ににゃんごすたーのバッジを着けた高樋憲市長は「大いに活躍の場を広げて」と激励。市内のアリス保育園の園児45人の代表がジュースや手紙、にゃんごすたーを模した紙の七夕飾りを贈った。
 園児からの「好きな色は」「好きな食べ物は」の質問ににゃんごすたーは「赤」「ホタテ」と筆談で回答。「大きくなったら何になる」との珍問には「もう大人のドラマー」と切り返し笑いを誘った。後藤心結(みゆう)ちゃん(4)は「にゃんごすたーはかわいくて、面白かった」と喜んだ。
 グッズは4月から全国各地で発売。こみせ駅では14日から、縫いぐるみをはじめ靴下、タオル、クリアファイル、など約20種類を販売。県内では黒石市の津軽伝承工芸館、青森市のマエダガーラモール内のキディランド青森店、五所川原市のエルムの街ショッピングセンター内の同エルム店などで取り扱っている。

東奥日報社

最終更新:6/15(木) 11:39
Web東奥