ここから本文です

養蜂箱荒らすクマの動画撮影/八戸市

6/15(木) 10:38配信

Web東奥

 14日午前0時10分ごろ、青森県八戸市大久保行人塚の山林で、市内男性所有の養蜂箱がクマに荒らされた。現場周辺で目撃が相次いだことで、自動のビデオカメラを設置した八戸市農林畜産課が映像で被害を確認した。人的被害はなかった。
 現場は八戸第一養護学校や町畑小学校近く。映像には同じ個体とみられるクマ1頭が養蜂箱に近づいて箱を破壊し、中を食い荒らす様子が映っていた。
 同日午前、警戒のため現場を訪れた市職員が、複数の養蜂箱が倒れ、壊されているのを発見。所有者や八戸署に連絡した。同署によると破壊されたのは2箱。
 大久保地区ではクマの目撃情報がここ1週間ほどで6件寄せられていた。市は14日の被害を受け、現場周辺に看板を設置し、広報車で注意を喚起している。市の担当者は「危険なので現場周辺には近づかないでほしい」と話している。
 町畑小の蔦林洋司校長は取材に「児童に被害がないよう、登下校の見守りを手厚くしている」と語った。

東奥日報社

最終更新:6/15(木) 11:40
Web東奥