ここから本文です

スクート、タイガーエアと7月合併へ

6/16(金) 9:25配信

Aviation Wire

 シンガポール航空(SIA/SQ)系LCCのスクート(SCO/TZ)は現地時間7月25日、シンガポールのタイガーエア(TGW/TR)と合併し、スクートブランドに統一する。

 現在、合併への最終調整を進めている。合併後はすべてをスクートとして運航する。正式な社名は合併後に発表する。航空会社名を2文字のアルファベットで表すIATA(国際航空運送協会)コードは「TR」、3文字で表すICAO(国際民間航空機関)コードは「TGW」に変更する。

 運航機材は、スクートのボーイング787型機に加え、タイガーエアのエアバスA320型機も保有。A320は2018年中ごろをめどに、スクート塗装に切り替える。

 合併により、ウェブサイトもスクートに統一。運航便のスケジュールは変更しない。

 両社はシンガポール航空傘下のLCCで、現在は持ち株会社「バジェット・アビエーション・ホールディングス」(BAH)が所有し、管理している。両社ともLCC各社の航空連合「バリューアライアンス(VALUE ALLIANCE)」に加盟している。

Yusuke KOHASE

最終更新:6/16(金) 9:25
Aviation Wire