ここから本文です

『FF14』運営、「紅蓮のリベレーター」発売直後の対応を発表―新マップの複製を実施

6/16(金) 10:49配信

インサイド

スクウェア・エニックスは、MMORPG『ファイナルファンタジーXIV』拡張パッケージ『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター(以下:紅蓮のリベレーター)』の発売開始直後の対応について発表しています。

それによると同社は、2017年6月16日からアーリーアクセスが開始され、6月20日に発売を迎える「紅蓮のリベレーター」に備えて、混雑緩和および負荷軽減の暫定対応を行います。

具体的には、「紅蓮のリベレーター」で新たに登場するフィールドマップをいくつか複製しエリアの入場制限、およびログイン制限の緩和を図ります。該当のフィールドマップには、末尾に数値(インスタンス番号)のついた暫定的な名称が付けられており、それぞれのフィールドマップは全く別のエリアとして扱われます。プレイヤーが該当のエリアに行く場合は、ウィンドウが表示され任意のエリアを選択する事になります。ただし、テレポ/デジョンだと自動的にエリアが選択されるそうです。

なお、プレイヤーとパーティーメンバー・フレンドなどが異なるエリアにいても相互にTellは可能です。ただし、お互いのプレイヤーが合流する際は、歩行もしくはマウントに騎乗した状態でエリア移動を行い、インスタンス番号を指定する必要があります。

この発表の詳細についてはこちらのページをご覧ください。

最終更新:6/16(金) 22:32
インサイド