ここから本文です

【UFC】五味隆典・続報「最後はマクレガーと戦いたい」

6/16(金) 21:48配信

イーファイト

 6月17日(土・現地時間)シンガポール・インドア・スタジアムにて『UFC FIGHT NIGHT:Singapore』が開催される。今大会には日本から五味隆典(久我山ラスカルジム)、佐々木憂流迦(フリー)、井上直樹(空手道白心会)の3選手が参戦。

【フォト】昨年大みそか、魔裟斗とキックルールで打ち合った五味

 昨年7月に行われた『UFC 200』以来およそ1年ぶりの出場となる五味は、2014年4 月以降は勝利から遠ざかっており、現在3連敗中。今回、生き残りを懸けてジョン・タック(グアム)と対戦する。

 試合前のインタビューでは「UFC に参戦以来、一番調子はいいです」と語ったほか、昨年の大みそかに敢行した魔裟斗戦に関して「あれからまた格闘技が楽しいと感じられるようになりました」と、いい刺激になったという。

 そして「UFCでも諦めずに試合を楽しみたいです。勝敗にこだわらず自分らしい試合をしていきます。そして最後には(コナー・)マクレガー選手と戦ってみたいですね」と気勢を上げた。

 また、フライ級に転向して3戦目となる佐々木は、前回の対戦で後にタイトルマッチに挑んだウィルソン・ヘイスに判定負 けした後、ニューヨークに本拠地を移してトレーニングを行っている。

 今回の対戦相手ジャスティン・スコギンズについては「打撃が危険な選手。グラップリングも出来る、かなりいい選手だという印象です」と分析しながらも、いつもと変わらず「素晴らしいパフォーマンスで試合に勝ち、自分の心にもファンの心にも残る“作品”のような試合」を心がけているとコメント。

 そして、DEEPで10連勝を遂げてUFCへの切符を手にしたフライ級の井上は、試合3 日前に20歳の誕生日を迎えたばかり。アメリカの『Invicta FC』などで活躍するDEEP JEWELSストロー級王者・魅津希を姉に持ち、いずれ2人そろってUFCに参戦したいとの夢を持っている。

 井上は「目標にしている選手はデメトリアス・ジョンソン選手ですが、まずはランカーの選手と戦ってみたいです。それと、佐々木(憂流迦)さんとも戦ってみたいです。まず日本で一番になって、それから海外でも一番になれたらと思うので」と明かし、今後の目標に向けて、まずは初戦で カールス・ジョン・デ・トーマス(フィリピン)戦に挑む。

 今大会のメインイベントではロンダ・ラウジーを打ち破って女子バンタム級王者に輝いた経歴を持つ現在同級4位ホリー・ホルム(アメリカ)が、同級11位のベチ・コヘイア(ブラジル)と対戦する。

最終更新:6/16(金) 21:48
イーファイト