ここから本文です

勝谷誠彦氏 兵庫県知事選「必笑」出陣 トレードマーク色眼鏡も復活

6/16(金) 5:59配信

デイリースポーツ

 任期満了に伴う兵庫県知事選が15日告示され、出馬表明していたコラムニストの勝谷誠彦氏(56)、5選を目指す現職の井戸敏三氏(71)ら4人が立候補を届け出た。

【写真】勝谷誠彦氏「明るく楽しい知事目指す」

 勝谷氏は神戸市内の選挙事務所で出陣式。先だって、いじめ撲滅やサイバー捜査の強化など約100項目の「目標・施策」を打ち出しており、「知識、教養、経験は誰にも負けない日本一の頭脳。このまま火葬場で燃やすのはもったいない」とニヤリ。「人生たいがいのことはやった。取れてないのは芥川賞と兵庫県知事だけだ」と気炎をあげた。

 4月の出馬表明会見で無色レンズの眼鏡を着用したところ「誰やねんと言われた」そうで、トレードマークの色眼鏡が復活。ただ、この日はTシャツにジーンズで出発しようとしたが、周囲にさわやか系のポロシャツ&スラックスに着替えさせられ「こんな恥ずかしい格好は人生初めて。こうやって政治家はダメになっていく」とボヤいて笑わせた。

 神戸・三宮での第一声では、遭遇した井戸陣営の選挙カーに「16年、お疲れさまでした」と頭を下げてみせ、「トップが長くやると(役人が)忖度(そんたく)しまくる」と主張。「(攻撃的な)テレビの姿は演技です。勝谷誠彦、いつもニコニコです」とアピールしていた。