ここから本文です

ZMP×日の丸交通、自動走行タクシーの配車アプリ開発で協業

6/16(金) 7:30配信

レスポンス

ZMPと日の丸交通は6月15日、2020年東京五輪での自動走行タクシー実現に向け、配車アプリ開発で協業を開始すると発表した。

タクシー業界では、ドライバーの人手不足が課題となっており、2020年の東京五輪に向けて訪日客の増加も見込まれ、利便性向上が望まれている。政府も2020年の東京五輪での自動走行タクシーの実現を推進。高齢化が進む中、過疎地においても交通弱者の移動手段として自動走行タクシーの実現が望まれている。

自動走行タクシーは、限定された領域での自動走行が可能なレベル4を想定しており、ドライバーによる通常のタクシーと自動走行タクシーの連携が必要となる。自動走行に適した限定ルートについては自動走行タクシーを導入、利用者のサポートが必要なルートについては通常のタクシーを配車することで、タクシー会社はサービス向上とコスト削減が可能となる。

配車アプリは、まず通常のタクシーを対象として開発し、早期に稼働を開始。その後、自動走行タクシーと通常のタクシー両方の配車に対応した配車アプリを開発し、2020年の東京五輪での自動走行タクシーのサービス実現を目指す。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:6/16(金) 7:30
レスポンス