ここから本文です

謝駐日代表、日台関係発展に向けた尽力を改めて表明/台湾

6/16(金) 16:10配信

中央社フォーカス台湾

(台北 16日 中央社)台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(大使に相当)は15日、東京都内で日本の超党派国会議員連盟「日華議員懇談会」(日華懇)の晩餐会に出席した。パナマとの断交に触れ、今後も「堅実外交」で国際社会で生き残りの場を開拓していく方針を示した上で、日本との関係については、台湾の代表として全力を尽くしていくことを改めて表明した。

謝代表は、赤間二郎総務副大臣の台湾訪問や日本の対台湾窓口機関が「交流協会」から「日本台湾交流協会」に改称したことを挙げ、日台双方の政府間の関係は近年非常に密接になっていると言及。また、5月の世界保健機関(WHO)総会を巡って、菅義偉官房長官や日華懇の平沼赳夫会長、古屋圭司幹事長らが台湾の参加に支持を表明したことに触れ、日本の国会議員の多大な協力に感謝を述べた。

(黄名璽/編集:名切千絵)