ここから本文です

大山に卵塊の“白い花”モリアオガエル 

6/16(金) 7:55配信

産経新聞

 鳥取県江府町の大山(1729メートル)中腹の森で、モリアオガエルが木の枝などに産み付けた卵塊の“白い花”が咲き誇っている。新緑がもえる大山の風物詩。

 大山の森に生息するモリアオガエルはこの時期、池の辺に集まって繁殖。今月上旬から、水面にせり出した木の枝などに、白い泡を作って卵を産み付け始めた。やがて、卵塊の中で孵化(ふか)したオタマジャクシは、下の池に落ちて成長するという。

 森は、しばらくは“白い花”で飾られ、新しい命が誕生する。

最終更新:6/16(金) 7:55
産経新聞