ここから本文です

エヴァートン、若手GKに続きアヤックス主将の獲得も発表...1日に2選手の補強に成功

6/16(金) 12:28配信

GOAL

エヴァートンが、2360万ユーロ(約33億円)でアヤックスからMFデイヴィ・クラーセンを獲得したことを発表している。

15日にメディカルチェックをパスしたクラーセンは、エヴァートンと5年契約で合意。直前に最大3000万ポンド(約42億円)の移籍金でサンダーランドから獲得したジョーダン・ピックフォードの獲得を発表したばかりのトフィーズにとって今夏2人目の補強となる。

アヤックスのアカデミー出身の同選手は、2011年11月にファーストチームデビュー。以降6シーズンで180試合以上に出場し、3度のエールディビジ制覇を成し遂げている。さらに、2年前からはキャプテンを務め、2016-17シーズンには全公式戦で50試合に出場し、20ゴールをマーク。今季はヨーロッパリーグで決勝進出を果たすなど、躍進を続けたチームを支えていた。

クラーセンは、クラブの公式ウェブサイトで「練習場を歩き、クラブ関係者と話したが、良い感じだ。数週間前にロナルド・クーマンと話し合った時、ここでプレーしたいと思った。それにここが僕に適切なクラブか確認もしたかった。もちろんアヤックスから離れるのは難しいことだが、ここでプレーすることを楽しみにしている」と喜びを表している。

クーマン監督も「エヴァートンにデイヴィを連れてこられてうれしい限りだ。彼はまだ24歳だが、経験豊富なリーダーだ。彼は2年間アヤックスで主将を務め、その能力を証明した。彼はハードワーカーで、より多くのチャンスとゴールをチームにもたらすだろう。エヴァートンにとってもう一つの重要な補強だ。早々に彼らと契約を結べ、とても幸せに思う」と2人目の補強に満足を示した。

GOAL

最終更新:6/16(金) 12:28
GOAL