ここから本文です

Google Cloudと連携する電子ホワイトボード「Jamboard」、日本では2018年リリース予定

6/16(金) 6:00配信

Impress Watch

 6月14日・15日に開催されたGoogleの年次イベント「Google Cloud Next '17 in Tokyo」の基調講演では、最近発表されたコラボレーションツールとして、従来の「ハングアウトに代わる企業向けの「ハングアウトチャット」「ハングアウトMeet」、さらにリモートコラボレーションのための電子ホワイトボード「Jamboard」を紹介。Google Cloudの深堀まど佳氏(カスタマーエンジニア)、チュアン・ジ氏(ソフトウェアエンジニア)、サミール・ハムディ氏(カスタマーエンジニア)が、架空の「Cloudy Coffee」を舞台にオンラインでミーティングをするデモを行った。

【この記事に関する別の画像を見る】

 まず、新しい「ハングアウトチャット」では、会話が流れていかないようスレッドにまとめられる。また、資料を共有する機能や、メッセージや資料などを検索する機能など、従来のハングアウトにない機能が披露された。

 さらに、別アプリケーションとなったビデオチャット「ハングアウトMeet」が、チャットからワンクリックで起動された。通常のアカウントのほか、電話番号から社外の人などに参加してもらうこともできるという。将来は、ミーティングに参加できない人のために録画機能の追加を予定しているとのことだった。

 さらに、「JamBoard」が登場した。遠隔地も含めて共有できる電子ホワイトボードで、ハードウェアのJamboardのほか、タブレットなどから参加することもできる。

 まず、1人がJamboardにペンで書き込むと、全員の画面に反映される。ペンはパッシブ方式なので電力不要。ペンと指を識別して、指で消去などのアクションを実行できるという。

 ペンで書くほか、付せんを貼ったり、Google検索結果や地図表示を実行してその表示画像をホワイトボードに貼れるところもデモされた。また、Googleドライブの資料を開いて画面(画像)を貼ることもできる。貼った地図などの画像にペンでコメントを書き込むこともできる。

 さらに、手書きの文字が書いたはしから文字認識でフォントの文字に変わっていく様子も実演された。ただし、現在のところ英語にだけ対応している。

 ホワイトボードの内容はすべてGoogleドライブに保存される。さらに、PDF化して保存したり送信したりもできるという。

 なお、Jamboardは、Google Cloud Next '17 in Tokyoの体験エリア(展示会場)でデモされており、実際に触ってみることもできるようになっていた。

 ハングアウトチャットは現在、早期導入プログラムの段階。ハングアウトMeetは、すでにリリースされている。Jamboardは米国で5月にリリースされ、日本では2018年中にリリース予定だという。

INTERNET Watch,高橋 正和

最終更新:6/19(月) 17:22
Impress Watch