ここから本文です

ミランに「悲しい」知らせ ドンナルンマが契約延長拒否

6/16(金) 10:49配信

ISM

 ミラン(イタリア)は現地時間15日、イタリア代表GKジャンルイージ・ドンナルンマ(18)が契約を延長しないことを決断したと発表した。

 現行の契約は来シーズン終了までとなっているため、ミランは移籍金が発生する今夏のマーケットでドンナルンマを売却するか、そのまま残留させるのか、決断を迫られている。

 CEOのマルコ・ファッソーネ氏は代理人のミノ・ライオラ氏との会合後、これは「最終決定」で「我々にとって悲しい決断」と述べた。一方で、「ミランは前進する」と前向きなコメントも残している。

 ドンナルンマは2015年10月に16歳8か月6日で、GKとしてセリエA史上最年少での先発を飾った。イタリア代表としても、すでに4キャップを記録し、ジャンルイージ・ブッフォン(ユヴェントス/イタリア)の後継者とみなされている。(STATS-AP)

最終更新:6/16(金) 10:49
ISM