ここから本文です

「米政治史最大の魔女狩り」=司法妨害の捜査報道で大統領

6/16(金) 5:57配信

時事通信

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は15日、ロシア政府の米大統領選介入疑惑を調べるモラー特別検察官が大統領による司法妨害の可能性を捜査し始めたとの報道を受け、「あなた方は米政治史で唯一最大の魔女狩りを目撃している」とツイッターに記した。

 自分はあくまで潔白であり、追及は不当だと国民にアピールしたものだ。

 トランプ氏は魔女狩りについて「とても悪質で矛盾した人々が主導している」と指摘。具体的にどのような人々かは明らかにせず、「彼らはいんちきなロシアとの共謀話をでっち上げたが、証拠が見つからず、今度は偽の司法妨害話に飛びついた。見事だ」と投稿した。

 大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン元国務長官の私用メール問題にも触れ、「ひねくれヒラリーは電話を壊し、メールを消去し、夫を司法長官に会わせたのに、司法妨害の話があるのか?」とも書き込んだ。 

最終更新:6/16(金) 8:39
時事通信