ここから本文です

動物パニック映画『ウイラード』と続編『ベン』が初めてBlu-ray&DVD化

6/16(金) 17:41配信

CDジャーナル

 高い人気を誇りながらも、これまで権利の複雑さから世界的にDVD化されることの無かった動物パニック映画『ウイラード』(1971年)と、その続編『ベン』(72年)。本国アメリカで権利関係がクリアになったことを受け、日本でも初めてBlu-ray&DVD化が決定。キングレコードから9月13日(水)に発売されます。

 飼い主の裏切りにより、ねずみが人間を襲うという異色のストーリーが展開される『ウイラード』(Blu-ray KIXF-511 4,800円 + 税 / DVD KIBF-1541 3,800円 + 税)は公開当時、アメリカ各都市でロングランと動員・興収記録を次々と塗り替えるというヒットを記録し、その人気はヨーロッパにも飛び火するなど、大きな話題を巻き起こした大作。撮影のために、ねずみ500匹をピーナツを餌に約1年をかけて調教。“合図とともに歯をむき出しにするグループ”“家具の上に駆け上がるグループ”“一斉にチューチュー鳴くグループ”など、25ものグループに分けられたねずみたちが名演技を披露しています。

 『ウイラード』のヒットを受けて製作された『ベン』(Blu-ray KIXF-512 4,800円 + 税 / DVD KIBF-1542 3,800円 + 税)は、前作同様にパニック映画の様相を呈しながら、飼主の裏切りにあったねずみ“ベン”が、病弱で孤独な少年と出会うことで真の友情を育んでいくという感動作。本作は、当時13歳のマイケル・ジャクソンが歌いソロで初の全米シングルチャート1位を記録した主題歌「ベンのテーマ」(〈ゴールデングローブ賞〉最優秀主題歌賞受賞)でも広く知られています。

©WILLARD ©1971 Bing Crosby Productions, Inc. All Rights Reserved.

最終更新:6/16(金) 17:41
CDジャーナル