ここから本文です

E3 2017でイカしたバイト! 「スプラトゥーン2」のサーモンランをプレイ!

6/16(金) 17:06配信

IGN JAPAN

E3 2017でイカしたバイト! 「スプラトゥーン2」のサーモンランをプレイ!

インクリングのみなさんこんにちは! 「Splatoon 2(スプラトゥーン2)」に新しく導入される4人協力プレイモード「サーモンラン」を知っているか? そうだ、クマサン商会でアルバイトを募集しているあれだ。僕はE3 2017でひと仕事してきたので、その感想をお届けしよう。ちなみに報酬は「Splatoon 2」のピンバッジだった。

「Splatoon2」画像・動画ギャラリー


「Splatoon」シリーズはカラフルなイメージがあるけれど、サーモンランの舞台である寂れた人工島はかなりの殺風景だ。ステージは他にもあるようだが、敵のシャケたちも可愛いと同時になんだかグロテスクだ。特にオオモノシャケとは夜の路地裏などで出会いたくないものだ。オオモノシャケとはボスキャラのようなもので、複数のタイプが存在する。だが、今のところどれも恐ろしい外見をしていることだけは共通している。


サーモンランはいわゆるホードモードで、目的は金イクラという極めて貴重なイクラをゲットすることだ。オオモノシャケの弱点を突いて倒すと金イクラを落とす。制限時間内にノルマよりも多くの金イクラをステージの中央にあるコンテナに運べば成功となるが、達成できなかった場合や全滅した場合は失敗に終わる。サーモンランはラウンド制になっており、ラウンドごとにノルマが上がり、敵は増えていくようだ。
早い段階からできるだけステージの面積を自分の色に塗っていけばあとでイクラか楽になるはずだ。だが、そうはいっても遠くから砲台のようなものからインクを飛ばしてくる機械や横に広いシャワーみたいにインクを塗りまくるシャケが邪魔をしてくるので、ルートを確保するのは容易ではない。金イクラが出現したら全員で一気に収穫するのか、それとも「収穫組」と「ルート確保組」のように役割分担するのか。コンテナまでの道がどれくあい安全なのかを把握した上で、瞬時の判断力が問われる。金イクラがコンテナの近くにあればひとりでも収穫できてしまうが、同時に複数の金イクラを持つことはできないので大抵の場合は仲間の協力が必要になるだろう。インクリングはやられると「救命ウキワ」に入り、仲間に救出してもらうまではゲームに参加できなくなる。前半は死ぬことを恐れないで積極的に行動し、シャケが増えてきたらもう少し慎重に行動した方がよさそうだ。戦略について相談するのは常に重要なので、このモードはボイスチャットが必須だと感じた。



任天堂の有料オンラインサービスが「スプラトゥーン2」の発売日である7月21日に間に合わないのは残念だが、オフラインでも楽しめるのでぜひ楽しみにしたい。オフラインモードではステージや武器を自由に選択できるのに対して、オンラインモードではクマサン商会に条件を指定されるらしい。

Esra Krabbe

最終更新:6/16(金) 17:06
IGN JAPAN

Yahoo!ニュースからのお知らせ