ここから本文です

前FBI長官は亡命を=ロシア大統領が皮肉る

6/16(金) 6:07配信

時事通信

 【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領は15日、ロシア政府の米大統領選介入疑惑に絡み、トランプ大統領との会話の内容をメディアに漏らしたコミー前連邦捜査局(FBI)長官について、「ロシアへの政治亡命を認める用意がある」とジョークを飛ばし、疑惑に揺れる米国を皮肉った。

 国民とのテレビ対話で語った。

 コミー氏はロシア疑惑で特別検察官任命の流れをつくるため、友人に頼んでトランプ大統領との会話メモをメディアに漏らした。これに関し、プーチン大統領は機密情報暴露後にロシアに亡命した元中央情報局(CIA)職員のスノーデン容疑者の名前を挙げ、「前FBI長官とスノーデン氏は何が違うのか」と指摘。コミー氏が追い詰められたら、ロシアが受け入れる用意があると語った。 

最終更新:6/16(金) 8:37
時事通信

Yahoo!ニュースからのお知らせ