ここから本文です

北から昏睡状態で釈放された大学生の父親が記者会見、「絶対に許せない」

6/16(金) 10:10配信

WoW!Korea

北朝鮮で労働教化刑が言い渡され、18か月間の服役後、昏睡状態となり釈放された米国の大学生オットー・ワームビア(Otto Warmbier)氏の両親が「絶対に許せない」と北朝鮮政権を強く糾弾した。

 現地メディアによると、父親フレッド・ワームビア氏は15日午前(現地時間)、オハイオ州シンシナティで記者会見を開き、「北朝鮮が私たちの息子に対してしたことを、絶対に許せない。そして、北朝鮮が他の数多くの人たちに対してしていることについても同じだ」と話し、強く非難。

 その上で「私は、抑留された全てのアメリカ人を釈放するように追求する」と主張し、息子は金正恩(キム・ジョンウン)政権によって「テロを受けて、残忍な仕打ちを受けた」と主張した。

最終更新:6/16(金) 10:10
WoW!Korea