ここから本文です

東芝、性能向上させた無線LAN搭載SDカード「FlashAir」新モデル

6/16(金) 16:00配信

アスキー

東芝は無線LAN機能内蔵SDカード「FlashAir」の基本性能を向上させた新モデルを発売する。書き込み速度向上で4K動画に対応したほか、Wi-Fi通信速度もアップしている。

 東芝は6月16日、無線LAN搭載SDカード「FlashAir」の性能を向上させた新モデル「SD-UWAシリーズ(W-04)」を発表。6月17日に発売する。
 
 16GB/32GB/64GBの3製品をラインナップ。いずれもUHSスピードクラスはClass 3、SDスピードクラスはClass 10となり、最大読み出し速度90MB/秒、最大書き込み速度70MB/秒によって4K動画撮影に対応する。
 
 無線通信性能についても、現行モデル(SD-WEシリーズ)の約2.9倍の転送速度を実現。また、「Eyefi連動機能」に対応した。これによりデジカメ本体の自動電源OFFによってデータ転送が中断される現象を防ぐことが可能となる。価格はいずれもオープンプライス。
 
 
文● 行正和義 編集●ASCII

最終更新:6/16(金) 16:00
アスキー