ここから本文です

旧駐機場使用に抗議決議 中城村議会が全会一致

6/16(金) 12:22配信

琉球新報

 【中城】中城村議会(與那覇朝輝議長)は16日午前の6月定例会最終本会議で、在韓米軍のU2偵察機が嘉手納基地に暫定配備され、旧海軍駐機場を使用していることについて、使用禁止を求める抗議決議と意見書を全会一致で可決した。
 嘉手納基地に暫定配備されている米コロラド州軍のF16戦闘機12機を含め、外来機の速やかな撤退も求めた。
 外来機の旧駐機場使用は、SACO合意違反であることを指摘し、外来機配備は「到底看過できるものではない」と抗議した。
 旧駐機場使用について日本政府が「大変遺憾」としていることに触れ「米軍に対し、一独立国家としてなお一層強固な姿勢でSACO合意の順守を働き掛けるよう強く求める」と促した。
 決議の宛先は駐日米大使、在日米軍司令官ら。意見書は首相、防衛相、外相宛て。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:6/16(金) 12:22
琉球新報