ここから本文です

【Excel】行数が多い表を印刷するときに必須! エクセルで2枚目以降の用紙にも見出しを印刷するテク

6/16(金) 6:55配信

Impress Watch

 Excel(エクセル)は、仕事や普段の生活で使う機会の多い、最も身近なアプリケーションのひとつです。しかし、「イマイチよくわからないまま使っている」「実は少し苦手……」という人も多いのではないでしょうか? この連載では、いまさら人に聞けないけど、知っていれば必ず役に立つ、Excelを使いこなすためのノウハウを紹介します。

【この記事に関する別の画像を見る】

◆ 複数枚にわたって表を印刷すると2枚目以降は表の見出しが見えなくなる

 大きな表を印刷すると、用紙が複数枚にわたることがあります。このとき、2枚目以降の用紙は見出しが見えなくなってしまい、見づらくなってしまいますよね。

 このようなとき、すべての用紙で一番上に見出しが印刷されるようにできたら、見やすくて便利だと思いませんか?

 今回は、見出しをすべての用紙に印刷するテクニックを解説します。

■[タイトル行]を設定してすべての用紙に見出しを印刷する

 たくさんの会員の情報が記載された会員名簿(①)を印刷する例を考えてみましょう。画面内に収まっていませんが、この名簿はもっと下まで続いており、印刷すると用紙2枚分になります。

 この名簿の印刷プレビューを表示してみると、用紙の2枚目には見出しが印刷されない(②)ことがわかります。印刷プレビューを表示するには、リボンの[ファイル]タブをクリックし、[印刷]をクリックします。

 それでは、2枚目の用紙にも見出しが印刷されるように設定しましょう。

 [ページレイアウト]タブ(③)→[印刷タイトル](④)をクリックします。

 [ページ設定]ダイアログボックスが表示されます。[シート]タブ(⑤)をクリックし、[印刷タイトル]の[タイトル行]に「$1:$1」(⑥)と入力します。これは1行目をタイトル行として設定するという意味です。1行目にあるセルをクリックしても、自動で「$1:$1」と入力されます。

 名簿の中で見出しとして設定したい行が選択され、行の周りに緑色の点線が表示されたことを確認したら[OK](⑦)をクリックします。

 [ページ設定]ダイアログボックスが閉じました。もう一度印刷プレビューを確認して、2枚目の用紙にも見出しが印刷されるかを確認してみましょう。[ファイル]タブ(⑧)をクリックします。

 2枚目の印刷プレビューを見てみると、見出しが印刷されるようになった(⑨)ことがわかります。

 ここでは用紙が2枚になる例を解説しましたが、タイトル行を設定すれば、用紙が3枚以上になる場合でも、すべての用紙に見出しが印刷されるようになります。

■すべての用紙に見出しを印刷して見やすい資料を作ろう

 今回は、大きな表を印刷したときに、2枚目以降の用紙にも常に見出しが印刷されるように設定するテクニックを解説しました。

 [ページ設定]ダイアログボックスでタイトル行を指定するだけで、印刷時にはすべての用紙に見出しが印刷されるようになります。行だけでなく、列を見出しとして印刷することもできます。見出し行を指定するときと同様に、[ページ設定]ダイアログボックスでタイトル列を指定しましょう。

 大きな表を印刷するときには、ぜひこのテクニックを思い出してくださいね。

窓の杜,トップスタジオ

最終更新:6/16(金) 6:55
Impress Watch