ここから本文です

コンフェデ初出場のポルトガル、好調C・ロナウドに期待

6/16(金) 13:55配信

ISM

 現地時間17日(以下現地時間)に開幕の迫った2017年コンフェデレーションズカップに、欧州王者として初出場するポルトガル。今シーズン終盤に調子を上げ、決定的なゴールを重ねたエースFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/スペイン)に期待がかかる。

 ポルトガルは優勝候補の一角としての実力を示し、EURO2016制覇がまぐれではなかったことを証明したいところ。チームは15日に開催国ロシアで初練習を行なった。

 チームをけん引するC・ロナウドは、レアルでシーズン終盤の11試合で18ゴールを記録。チャンピオンズリーグ決勝の2得点だけでなく、リーガ・エスパニョーラでも決定的な局面で重要なゴールをマークし、チームの二冠に大きく貢献。今季は代表チームでも、5試合で11ゴールと得点を量産している。

 チームメイトのブルーノ・アウヴェスは、「彼がこれまで達成してきたことを考えれば、ポルトガルにとってC・ロナウドがどんな意味を持つか、言葉で表す必要はない。選手にとってさえ彼はアイドルなんだ。ゴールを挙げてポルトガルの力になってくれることを願うよ」と、エースの存在の大きさについて語っている。

 前週のW杯欧州予選でも2得点を挙げたばかりのC・ロナウドについては当然、18日のコンフェデ初戦で対戦するメキシコも警戒を怠らない。FWイルビング・ロサノは、「クリスティアーノは偉大な選手で、彼が違いを生むことは分かっている。でも、サッカーはチームスポーツ。彼と対戦する僕らは、素晴らしいチームだと思っている」と、チームとしてC・ロナウドを抑えたいと述べた。

 今大会グループAに所属するポルトガルは、メキシコとの初戦を戦ったのち、開催国ロシア、オセアニア王者ニュージーランドと対戦する。(STATS-AP)

最終更新:6/16(金) 13:55
ISM