ここから本文です

荻村杯初戦敗退 石川・浜本組は“急造ペア”で終始チグハグ

6/16(金) 11:52配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 急造ペアがコンビネーション不足を露呈した。

 15日の卓球「ジャパンオープン荻村杯」女子ダブルス1回戦で石川佳純(24)、浜本由惟(18)組が、サマラ、セーチ組(ルーマニア)に0―3のストレートで初戦敗退した。

 今大会、初めてペアを組んだ2人は終始、息が合わず、相手に隙を突かれて1セットも取れずに終わった。

 試合後の石川は「練習は1回しかできなかった。どうすればいいか分からず、迷ったままプレーしていた」と完敗を認めるしかなかった。

 今後も浜本とのペアで国際大会への参戦を予定しているそうで「ダブルスは練習するしかない。しっかり準備していきたい」(石川)とレベルアップを口にした。