ここから本文です

【ラウェイ】世志琥が奈七永に激辛エール「負けたら次のシードリングは第1試合だ」

6/16(金) 14:00配信

東スポWeb

「世界一危険な格闘技」ことラウェイの日本第4弾大会「ラウェイ in ジャパン4」(16日、東京ドームシティホール)へ向け3度目のラウェイ参戦となる女子プロレス「シードリング」所属の高橋奈七永(38)が15日、必勝を誓った。

 相手はラウェイ初参戦のブロニカ(20=ミャンマー)で「ボクシングの選手なので、未知すぎる部分があるけど、必ず勝つ」と語気を強めた。

 この試合の勝者はILFJ&MTBF認定の赤いチャンピオンベルトを手にする。全日本女子プロレス時代にはWWWA世界シングル王座、スターダム時代にはワールド・オブ・スターダム王座のベルトを巻いた経験から「私の歩くところに赤いベルトが付いてくる。ベルトのほうから近づいてきてくれる」と自信をのぞかせた。

 同じシードリング所属で、10日に韓国での総合格闘技戦で勝利を収めた世志琥(23)は「あたいも勝ったんで奈七永も負けられないだろ。もし負けたら次のシードリングは第1試合だ」と厳しい言葉でエールを送った。

最終更新:6/16(金) 14:07
東スポWeb