ここから本文です

上川隆也、2年ぶり池井戸ドラマ!向井理×斎藤工「アキラとあきら」でキーマンに

6/16(金) 18:00配信

cinemacafe.net

向井理と斎藤工がW主演を務め、ベストセラー作家・池井戸潤の“幻の長編”と呼ばれていた原作をドラマ化する連続ドラマW「アキラとあきら」。本作に、連続ドラマW「沈まぬ太陽」の主演で記憶に新しい上川隆也が、重要な役どころで加わることが明らかとなった。

【写真】WOWOW 連続ドラマW「アキラとあきら」場面写真

本作は、自らの意志で人生を選んできたエリートと、自らの能力で人生を切り開いてきた天才、2人の“宿命”を描くヒューマンドラマ。大企業の御曹司として、約束された次期社長という“宿命”にあらがう階堂彬(向井理)。父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な“運命”に翻弄されながらも、理想を育んだ山崎瑛(斎藤工)。2人の人生は、何かに導かれるように交差する。幼少期から青年期にかけて、誰もが経験する人生の選択。反抗、親友との別れ、肉親の死、初恋、受験、就職、成功、挫折…。人生のキーワードを盛り込みながら、バブル経済とその崩壊、激動の時代を背景に、重厚な人間ドラマが展開する。

日本有数の大企業「東海郵船」の御曹司というエリート、彬役には、自ら企画した映画『いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~』の公開をまもなく控える向井さん。父の会社の倒産、夜逃げなど苦難の道を歩んできた天才、瑛役には、俳優として『昼顔』が公開中、映画監督としては初長編作『blank13』により「第20回上海国際映画祭」新人監督賞にノミネートされるなど活躍目覚ましい斎藤さん。そのほか、小泉孝太郎、田中麗奈、賀来賢人、松重豊、石丸幹二ら豪華キャストが集っている。

なお、大幅な加筆修正が加えられ、5月に徳間文庫より刊行された原作「アキラとあきら」は即重版が決定し、早くも大反響。ドラマでは階堂彬が主軸に、原作では山崎瑛が主軸にストーリーが展開されており、ドラマを見ても原作を読んでも楽しめる内容という。

そんな本作で、ドラマ終盤、命運をかけた彬(向井さん)と瑛(斎藤さん)の2人の前に立ちはだかるキーマン、沢渡裕行役を上川さんが演じることが明らかに。上川さんと池井戸作品といえば、杏と共演した「花咲舞が黙ってない」シリーズ以来、2年ぶりの出演。さらに上川さんは、2016年に放送され、その年のギャラクシー賞や東京ドラマアウォードでの受賞などでも話題となったWOWOW開局25周年記念連続ドラマW「沈まぬ太陽」で主人公・恩地元を熱演したことも記憶に新しい。本作には同じ制作チームが再集結しており、クライマックスで重要な役どころとして登場する上川さんに注目だ。

連続ドラマW「アキラとあきら」は7月9日(日)22時よりWOWOWプライムにて放送(全9話、※第1話無料放送)。

最終更新:6/16(金) 18:00
cinemacafe.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ