ここから本文です

旧駐機場使用で抗議集会 嘉手納爆音訴訟原告団など

6/16(金) 14:17配信

琉球新報

 【中部】嘉手納爆音訴訟原告団(新川秀清団長)と沖縄平和運動センター、中部地区労働組合協議会は16日正午、北谷町砂辺の米軍嘉手納基地第1ゲート前で抗議集会を開いた。雨の中約70人が参加し、旧海軍駐機場の使用や相次ぐパラシュート降下訓練に抗議し、米軍基地撤去を求めた。登壇者は参院本会議で15日に可決成立した「共謀罪」法の危険性を訴える声が上がった。
 新川団長は「旧駐機場は騒音負担軽減のため、税金150億円以上を掛けて移転した。わが物顔で米軍に使用され続けている現状を許してはいけない。世界に向けてしっかりと沖縄の不条理を訴えなければならない」と呼び掛けた。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:6/16(金) 14:17
琉球新報