ここから本文です

ユヴェントス、バイエルンのD・コスタと個人合意…残すはクラブ間移籍金交渉のみ

6/16(金) 19:27配信

GOAL

ユヴェントスはバイエルン所属のブラジル代表MFドグラス・コスタの獲得に迫っている。ドイツ誌『キッカー』によれば、選手本人はすでにイタリア王者と合意に至っており、クラブ間の移籍金交渉がまとまれば取引が成立するという。

D・コスタは数日前に、インテルからのオファーに断りを入れ、ユヴェントスに向かうことで合意したとのこと。マッシミリアーノ・アッレグリ監督も14日、クラブの公式ウェブサイトで「ドグラス・コスタは大きなタレントであり、我々のターゲットの1人だ」と認めていたところ。

報道によるとユヴェントスは同選手の獲得に向けてバイエルンに移籍金4000万ユーロ(約49億円)を提示。それに対し、バイエルン側は5000万ユーロ(約62億円)を要求し、その差額は1000万ユーロ(約13億円)だと伝えられている。

2015年夏にウクライナのシャフタール・ドネツクからバイエルンに渡ったD・コスタ。現在26歳のウィンガーはドイツでの初シーズンでは好パフォーマンスを見せ続け、輝きを放っていたが、カルロ・アンチェロッティ監督の下では失速した様子で先発出場も減少した。そのため、クラブ側もオファー次第で手放す考えに至ったようだ。

GOAL

最終更新:6/16(金) 19:27
GOAL

Yahoo!ニュースからのお知らせ