ここから本文です

サッカー=韓国のシュティーリケ監督が解任

6/16(金) 9:25配信

ロイター

[ソウル 15日 ロイター] - 韓国サッカー協会は15日、同国代表を率いるウリ・シュティーリケ監督(62)の解任を発表した。

同協会は坡州で技術委員会を開き、2018年ワールドカップ(W杯)アジア最終予選での成績不振により解任を決定。予選残り2試合で指揮を執る後任はまだ決まっていない。

シュティーリケ氏は2014年に4年契約で就任すると、翌年のアジア・カップでは決勝でオーストラリアに敗れるまで無失点というパフォーマンスで準優勝。W杯アジア2次予選では8戦全勝という好成績を残した。

しかし、最終予選ではここまでのA組8戦において4勝1分け3敗で出場権を獲得できる2位につけているものの、アジア・プレーオフに回る3位と勝ち点わずか1差で、9大会連続出場の道が険しくなっていた。

アジア最終予選では、A組とB組の3位がプレーオフを戦い、勝ち上がっても北中米カリブ海地域の国との大陸間プレーオフで勝利しなければ出場権を得られない。

最終更新:6/16(金) 9:25
ロイター

Yahoo!ニュースからのお知らせ