ここから本文です

「Vivaldi」v1.10が正式版に ~日本語で利用する際の問題改善に注力

6/16(金) 8:15配信

Impress Watch

 ノルウェーのVivaldi Technologies ASは15日(日本時間)、Webブラウザー「Vivaldi」の最新版v1.10を正式公開した。今回のアップデートでは日本語で利用する際に発生していた問題の改善に注力。多くの点で改善がみられるという。

【この記事に関する別の画像を見る】

 一方、機能面では“スピードダイヤル”に登録しているWebページに独自のサムネイルイメージを登録する機能が追加された。Webサイトのロゴを登録して視認性を向上させたり、好みのイメージを登録してわかりやすくすることができる。

 また、開発者ツールのドッキングがサポートされた。これまでの「Vivaldi」では開発者ツールがかならず別ウィンドウで表示されていたが、本バージョンからは「Google Chrome」のようにブラウザー画面の左右下にドッキングして利用できるようになる。

 そのほかにも、[ダウンロード]リストを名前・ファイルサイズ・開始日時・完了日時・アドレスで並び替える機能、Webページの画像を読み込むかをメニューやキーボードショートカットで切り替える機能、アドレスバーの補完候補から項目を削除する機能、サードパーティー製拡張機能によるタブの初期表示を管理する機能などが新たに追加された。また、[F2]キーでアクセスできる“クイックコマンド”も拡充され、タブや切り替えやページの遷移、ページ内検索などのコマンドが利用可能となっている。

 「Vivaldi」はWindows/Mac/Linuxに対応しており、現在同社のWebサイトから無償でダウンロード可能。すでに利用している場合は、自動更新機能を利用して最新版へアップデートすることもできる。

ソフトウェア情報「Vivaldi」【著作権者】Vivaldi Technologies AS【対応OS】Windows/Mac/Linux(Windows版は64bit版を含むWindows 7以降)【ソフト種別】フリーソフト【バージョン】1.10.867.38(17/06/15)

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:6/16(金) 8:15
Impress Watch