ここから本文です

アクティブ、Ninja250用セパハンキットなど各種新製品を発表

6/16(金) 14:30配信

レスポンス

アクティブは、二輪向け各種アフターパーツの新製品を発表した。

アクティブ「Ninja250/R用セパレートハンドルキット」は垂れ角を付け、グリップ位置を低くすることでフロントの荷重を増し、スポーツライディングを強化。高さと角度の調整でワインディングからサーキットまで対応する。適応車種はNinja250(ABS可・2013年-2016年)およびNinja250R(2008年-2012年)。価格は2万円。セパハンキットと組み合わせられるプリロードアジャスター(1万6500円)、フロントスプリング(1万8000円)、アルミフロントフォークキャップ(2000円)も用意する。

[関連写真]

アクティブ「CBR250RR 17用フェンダーレスキット」は、LEDナンバー灯仕様で、アクティブ独自のナンバー角により他界視認性を確保しつつ、スマートなリアビューを演出。軽量かつ高剛性のアルミ製で、腐食に強いブラックアルマイト仕上げとなっている。価格は1万8500円。ブレーキの操作性向上に貢献する「高性能ビレットレバーRS2(1万4800円)」も用意する。

ゲイルスピードからはMT-10 17用の軽量鍛造ホイール3タイプが新登場。バネ下重量の軽量化により、コーナリング性能・旋回性の向上など、さまざまなメリットが得られる。サイズはフロント3.50-17、リア6.00-17、スプロケは525-43T。価格は10万3000円から18万5000円。

ゲイルスピード「リアマスター用ロットエンド」3種類を発売。プッシュロッドを延長したい時に使用する「エクステンションプッシュロッド(2000円)」、プッシュロッドとペダルにオフセットがない場合に使用する「ロックエンド用ナックルジョイント(3200円)」、プッシュロッドを短くしたい場合に使用する「ロックエンド用ナットジョイント(ショートオフセット3200円/ロングオフセット3500円)」の3種類を用意する。

アクティブではそのほか、アクラポビッチ「Ninja1000 17、ZX-10R 16-17用JMCA仕様マフラー(Ninja1000 18万円/ZX-10R 12万3000円)」など、新製品を多数発表している。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:6/16(金) 14:30
レスポンス