ここから本文です

農業の新しい担い手を募集 和歌山・海南で8月11日、婚活イベント

6/16(金) 7:55配信

産経新聞

 農業の担い手不足が課題となる中、安定して農業に取り組める環境づくりを目指そうと、県内の農産物の販売専門農協「紀ノ川農業協同組合」(紀の川市)は、農業にかかわっているか、興味を持っている若手の男女(20~49歳)を対象に、婚活イベントを初めて開催する。

 同農協が今春からスタートした耕作放棄地の再生などに取り組む「地域づくり・担い手づくりプロジェクト」の一環で企画。

 婚活イベントは、「伝説のハート牛をさがせ! 婚活・農活イベント 農業で自立しHappy Lifeへ」として、「山の日」の8月11日に海南市の黒沢牧場で開催される。成婚につながれば、同農協が農業のノウハウを伝授するなどし、若手農家の自立をバックアップする。イベントを通じて農業や和歌山に関心を持ってもらい、移住定住を促すねらいもあるという。

 参加者は、自然の中でバーベキューや宝探しなどが楽しめる。また、同牧場の頭にハート模様がある牛にちなみ、ハート牛にふんした同農協職員がキューピッドとして登場するなどの企画も予定されている。担当者は「地域と密接にかかわり、農村と食卓に笑顔をつくることを目指している。参加者にも笑顔で楽しんでもらえるようなイベントになれば」と話している。

 参加費は男性3千円、女性2500円。定員20人。申し込みは同農協のホームページから。問い合わせは同農協(電)0736・75・5036。

最終更新:6/16(金) 7:55
産経新聞