ここから本文です

韓経:LG「エコエネルギーで…韓国の世界文化遺産を保護」

6/16(金) 13:24配信

中央日報日本語版

LGエレクトロニクスが文化財庁と共同で韓国の世界文化遺産を保護する後援行事を開いた。

LGは今月末に京畿道高陽市(コヤンシ)「西五陵(ソオルン)」の朝鮮王陵西部地区管理事務所に8キロワット級太陽光パネルを無償支援する予定だと15日、明らかにした。この設備は西五陵で使用する電力の約35%を供給することになる。LGは西五陵で太陽光エネルギーを活用すれば環境および文化財の保護につながると判断してパネルを支援することになったと説明した。

趙成珍(チョ・ソンジン)LGエレクトロニクス副会長をはじめとする同社の役職員約80人はこの日、西五陵で雑草除去活動もした。趙副会長は「LGは地域社会の一員として、韓国文化遺産を保護して広く知らせることに、よりいっそうの努力をしていく」と述べた。ナ・ソンファ文化財庁長も「LGの太陽光パネル支援は環境にやさしい文化財管理のための模範事例になるだろう」と評価した。

LGと文化財庁は昨年11月、英ピカデリー広場にあるLGの電光掲示板に韓国の世界文化遺産を紹介する映像を流すなど韓国文化遺産広報活動もした。

LGは2010年から国連「世界環境デー」(6月5日)を記念して毎年、世界文化遺産保護活動をしている。今年は国内の役職員2000人が景福宮(キョンボックン)、昌徳宮(チャンドックン)、南山(ナムサン)などを訪問した。海外8カ国に駐在する役職員600人は24時間リレー環境保護イベントを開いた。LGは米ニューヨークのタイムズスクエアにある電光掲示板で世界環境デーを記念して制作した環境保護キャンペーン映像も上映した。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。