ここから本文です

永守社長「売上高2兆円体制」 日電産、役員9人に

6/16(金) 22:00配信

京都新聞

 日本電産の永守重信社長は16日、株主総会後に記者会見を開き、新任取締役2人を加えて役員を9人に増やしたことについて「2020年度の売上高2兆円目標に向けた体制ができた」と述べた。個別事業の運営などは担当役員に委ねる一方、自身は人材育成に注力する考えも示した。
 企業買収を重ねて会社を成長させた永守社長は、ソフトバンクの社外取締役を務め、来春には京都学園大を運営する学校法人の理事長に就く。強力なリーダーシップで求心力は絶大だが、多忙を極めている。「会社が大きくなり、組織で動く必要がある。買収企業の社員教育など、私にしかできない仕事に力を入れる」と述べた。
 20年度には国内の新卒採用を1千人にまで増やす見込み。かつての「モーレツ」な働き方との決別宣言や初のテレビCM放映で知名度向上を図る。「生え抜きか中途採用かは関係なく、稼げる人が一番えらい。いろんな人材をそろえる『五目飯構造』の会社を目指す」と将来像を語った。

最終更新:6/16(金) 22:36
京都新聞