ここから本文です

和歌山・高野町で空海の生誕祝う青葉まつり 「花御堂渡御」華やかに

6/16(金) 7:55配信

産経新聞

 弘法大師・空海の生誕を祝う毎年恒例の「青葉まつり」(高野山奉讃会など主催)が15日、高野町中心部で開かれた。行列「花御堂渡御(はなみどうとぎょ)」には大勢の町民らが参加し、参拝客らでにぎわった。

 生誕日の15日、町内では法会が営まれたり、雅楽が奉納されたりしたほか、稚児大師像が安置された花御堂を中心に歩く「花御堂渡御」が奥之院一の橋を出発。町民や信者らが金剛峯寺前まで約1.5キロの道のりを華やかに練り歩いた。

 なかでも、山車に乗った白い千早装束姿の青葉娘4人が縁起物の絵札をまく「散華(さんげ)」が注目を集め、絵札がまかれるたびに沿道の参拝客らが拾ったり、撮影したりしていた。

最終更新:6/16(金) 7:55
産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ