ここから本文です

Google、「Chrome 59」の脆弱性を修正

6/16(金) 7:44配信

ITmedia エンタープライズ

 米Googleは6月15日、デスクトップ向けWebブラウザ安定版「Chrome 59」の脆弱(ぜいじゃく)性を修正するセキュリティアップデートを公開した。

【Chrome 59では5件のセキュリティ問題を修正】

 Chrome 59は6月5日(米国時間)に公開されたばかり。今回の更新版となる「Chrome 59.0.3071.104」はWindows、Mac、Linuxを対象として、数日から数週間かけて配信する。

 Googleによると、セキュリティ問題は5件が修正され、うち3件は外部の研究者から情報が寄せられた。中でも「IndexedDBにおけるサンドボックス脱出」の脆弱性は、危険度が上から2番目に高い「高」に分類され、発見者には1万500ドルの賞金が贈呈された。

 同じく「高」に分類された「V8における境界外読み込み」の脆弱性には4000ドル、1段低い「中」に分類の「Omniboxにおけるドメイン詐称」の脆弱性には2000ドルが支払われた。