ここから本文です

<内田彩>「長ーくやっていける」声優に アニメ「チェンクロ」の出演にプレッシャーも

6/17(土) 11:00配信

まんたんウェブ

 スマートフォン用RPGが原作のアニメ「チェインクロニクル ヘクセイタスの閃(ひかり)」のブルーレイディスク(BD)が23日、発売される。手描きの作画と3DCGが融合したハイクオリティーな映像、主人公・ユーリ役の石田彰さんのほか、山下大輝さん、佐倉綾音さん、内田彩さんら豪華声優陣の出演も話題になった。「ラブライブ!」の南ことり、「けものフレンズ」のかばん役などでも知られる人気声優で、「チェインクロニクル」では“篤実の癒やし手”のマリナを演じる内田さんに同作への思いや声優としての活動について聞いた。

【写真特集】美しい内田彩さん 撮り下ろし写真を一挙公開

 ◇動いているシュザにうれしくなった

 ――元々「チェインクロニクル」はゲームにも出演していましたが、実際にプレーしていた?

 「チェインクロニクル」にはゲームでも関わらせていただいて、ラジオにも出演させていただいています。ラジオも2年くらいやらせていただいていて、ゲームもずっとやっています。

 ――好きなキャラはいますか?

 アニメにも登場するキャラではシュザですね。ゲームでシュザが実装された時は、頑張って手に入れました。アニメで動いているのを見ると、うれしくなりました。アニメでは、こっそりあのキャラもいた!と見る楽しみもありました。

 ◇マリナ役にびっくり! プレッシャーも

 ――アニメへの出演が決まった時に感じたことは?

 ゲームでは、いろいろなキャラクターをさせていただきましたが、アニメでは一人の声優が一キャラクターを演じるということでした。私が演じるマリナは、ゲームでは佐倉綾音ちゃんが演じていたキャラクターです。綾音ちゃんの声で慣れ親しんでいたので、私がマリナなの!?とびっくりしました。うれしかったのですが、プレッシャーもありましたね。

 ――マリナを演じる際に意識したことは?

 ゲームもプレーしていたので、マリナの性格、ほかのキャラとの関係性は知っていました。優しいけど気が強くて、ドジなところを出せたら、ファンの方にも喜んでもらえるかな?と考えました。マリナは回復役なので、あまり力強いわけではない。ただ、アニメの映像はダイナミックなので、スタッフの方と話をして、もう少し“ドン”とした方がいいかもしれない……となりました。

1/2ページ

最終更新:6/17(土) 11:00
まんたんウェブ