ここから本文です

ウィリアム王子とキャサリン妃もロンドン火災被害者のために寄付

6/16(金) 10:58配信

Movie Walker

ウィリアム王子とキャサリン妃、ヘンリー王子の3人が、ロンドン市内で発生した高層住宅火災の被害者のために立ち上げられた基金の最初の寄付者の中に含まれていたという。

【写真を見る】共同声明を発表したウィリアム王子、キャサリン妃、ヘンリー王子

ロンドンの地方紙、イブニング・スタンダードは、火災の被害に遭った人々のための基金を立ち上げ、早くも90万ポンド(約1億2700万円)を集めている。ウィリアム王子とキャサリン妃、そしてヘンリー王子の3人は、一番最初に基金に寄付を寄せた人々の中に含まれていたそうで、「イブニング・スタンダード紙がいち早く基金を立ち上げて、ただちに行動してくれたことを喜ばしく思います」という共同声明を発表した。

ケンジントン宮殿は火災現場から2マイル(3.2km)しか離れておらず、200人を超える消防士たちが駆け付けた火災発生当時の騒ぎは伝わっていたはず。

エリザベス女王も公式声明で犠牲者とその家族のために祈っていると発表した。また、女王は消化活動や救援活動にあたった消防士や救急隊員へのねぎらいの言葉も贈っている。「フィリップ殿下と私は、人々を救うために自らの生命を危険にさらしている消防士や救急隊員の勇気に感謝します。また、このひどい出来事の影響を受けた人々を助けようと集まったコミュニティーのボランティアたちの、信じられないほど寛大な姿に心を鼓舞されます」と語ったとITVニュースが伝えている。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:6/16(金) 10:58
Movie Walker