ここから本文です

ミランのクラブ・マネージャーに就任のアッビアーティ氏、ドンナルンマの残留に自信

6/16(金) 5:28配信

GOAL

ミランのクラブ・マネージャーに就任したクリスティアン・アッビアーティ氏がジャンルイジ・ドンナルンマの契約更新について言及した。『メディアセット・プレミアム』が報じている。

ドンナルンマは2016-17シーズン、公式戦41試合に出場。シーズンを6位で終えたミランを守護神として支えた。18歳の若きGKには、欧州各国のビッグクラブが獲得に興味を示しているとされ、ミランとの契約延長交渉は難航。他クラブへの流出が懸念されている。しかし、アッビアーティ氏はドンナルンマの契約延長について以下のように述べた。

「彼は残りたいと考えていて、クラブと彼の代理人が彼の未来を決定しようとしている。心の底から彼がクラブに残ることを願っている。彼は全てのファンから愛されているし、高いレベルでプレーして、自身の価値を証明した」

「年齢と成し遂げたことを考えれば、彼は素晴らしいクオリティーを持っていることを示した。しかし、まだ18歳だし、改善点はある」

また、ミランがラツィオのルーカス・ビリア獲得に動いていると報じられているが、アッビアーティ氏は「わからないよ。けど、ミランに素晴らしい選手が来るのは良いことだ。経験が豊富でテクニックに優れた選手が多ければ、チームにとって素晴らしいこと」とコメントし、具体的な言及を避けた。

GOAL

最終更新:6/16(金) 5:28
GOAL