ここから本文です

退位特例法が公布=新区割り法も

6/16(金) 9:04配信

時事通信

 天皇陛下の退位を実現する特例法が16日、公布された。

 これを受け、政府は2018年12月を軸に検討する退位に向け、新元号や退位後の「上皇」の補佐組織、お住まいなどの準備を急ぐ。

 同法は、公布から3年以内の法施行日に陛下が退位し、皇太子さまが即位すると規定。公布により20年6月までの退位が確定した。陛下は退位後に上皇、皇后さまは上皇后になる。

 また、衆院選の「1票の格差」是正に向け、小選挙区の区割りを見直す改正公職選挙法も16日、公布された。定数が1減る6県を含む19都道府県計97選挙区が見直し対象。1カ月の周知期間を経て、来月16日の施行日以降に公示される衆院選に新たな区割りが適用される。 

最終更新:6/16(金) 9:04
時事通信