ここから本文です

【グルメ散歩】ピンクジンジャーエール 岩下の新生姜ミュージアム(栃木・栃木市)

6/16(金) 7:55配信

産経新聞

 ■酸味利いた さっぱり味

 岩下食品(栃木県栃木市)の主力商品をテーマにした「岩下の新生姜(しんしょうが)ミュージアム」(同市本町)は2年前の開館以来、面白い展示物で栃木の新名所となっている。新生姜ヘッドは高さ5メートルのかぶりものというが、どちらかというと顔出し看板? ピンクのアルパカのぬいぐるみが並ぶアルパカ広場、ジンジャー神社があり、「新生姜の部屋」にはベッドで読書をする新生姜が…。シュールな世界が広がる。

 同館売店「ミュージアムショップ」も新生姜関連商品があふれる。今月発売されたばかりなのが、瓶詰炭酸飲料「ピンクジンジャーエール」(300ミリリットル、税別250円)。

 今年、「岩下の新生姜」発売30周年を迎えた同社が30種の記念イベントや新商品を展開、発信する「アクション30!」の第13弾として、酒類卸販売の横倉本店(宇都宮市)、商品企画のアールイープロダクト(同)と共同開発した新商品。

 岩下の新生姜の漬け液を使っており、明るいピンク色が独特だ。やや辛めで酸味も利かせ、すっきり、さっぱりとした味わい。料理との相性も良い。

 「栃木のご当地サワーを作ろう」と昨年10月に異業種交流で誕生した飲食店向けサワー用シロップ「ピンクジンジャー」が好評で、「家庭で飲める飲料を」という要望から誕生したという。

                   ◇

 アクセス 東北自動車道栃木インターチェンジから車で15分。JR栃木駅からは徒歩12分。栃木県栃木市本町1の25。(電)0282・20・5533。入場無料。開館時間は午前10時~午後6時、カフェは11時から。月、火曜休館(祝日は開館)。

最終更新:6/16(金) 7:55
産経新聞