ここから本文です

韓国男性誌主催のコンテスト、初の日本人女性が最終候補者に

6/16(金) 14:17配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 韓国の男性誌「MAXIM KOREA」が主催する「2017年MISS MAXIM CONTEST」の最終候補者が発表され、初の日本人候補者が注目されている。(カンナム経済新聞)

 グラビアモデルの登竜門といわれ、毎年大きな話題を集める同コンテスト。モデルデビューを懸け、プロモデルとして活動しない一般人女性が参加し、読者投票を通じて優勝者を決定する。優勝者には賞金と同誌での表紙デビューが与えられる。「マキシムのセクシーアイコン」と呼ばれ人気のオム・サンミさん、キム・ソヒさんも同コンテストの出身。

予選を通過した16人を対象に行われた読者投票の結果、最終候補トップ10に日本人候補者リサさんがノミネート。同コンテストではこれまで、中国、米国からの応募はあったが、日本人の応募は初めてという。

公開されたプロフィルによると、リサさんは日本で女優として活動。応募動機については「自分だけの確固たるセクシーがある。そのセクシーさを韓国で広く知らせたい」とする。理想のタイプは「おなかが出た魔性の男」。

ネット上ではリサさんについて、「セクシーすぎる」「目の表情がいい」「日本人らしさがあって美しい」などのコメントがアップされている。 。

みんなの経済新聞ネットワーク