ここから本文です

男性の産後休暇56%=「6日未満」が最多―少子化白書

6/16(金) 9:46配信

時事通信

 政府は16日午前の閣議で、2017年版の「少子化社会対策白書」を決定した。

 この中で、内閣府が行った男性の産後休暇取得に関する意識調査結果を紹介。妻の出産から2カ月以内に休暇を取った男性は55.9%で、取得日数では「4日以上6日未満」が最も多く23.0%だった。

 調査は16年9月8~12日、15年に子どもが誕生した既婚男性1118人を対象にインターネットを通じて実施した。

 産後休暇について、「希望しながら取得していない」と答えた人は29.1%、「取得の意向がない」は15.0%だった。取得日数では、2位が「6日以上10日未満」で21.8%、次いで「3日以上4日未満」の20.2%だった。

 取得しなかった理由を複数回答で聞いたところ、最も多かったのは「繁忙で休むのが困難」の27.0%で、「日ごろから休暇を取りづらい」23.5%、「フレックスタイムなどで対応できた」18.9%と続いた。 

最終更新:6/16(金) 9:52
時事通信