ここから本文です

心斎橋にアメリカンレストラン「カリフォルニアクラブ」 肉料理を中心に /大阪

6/16(金) 14:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 大阪・心斎橋に6月14日、アメリカンレストラン「カリフォルニアクラブ」(大阪市中央区東心斎橋1、TEL 06-7709-4919)がオープンした。(なんば経済新聞)

「CALIFORNIA」の看板が目立つ外観

 「日本から発信するアメリカ・カリフォルニア」をコンセプトとする同店。現在世界各国で展開するアメリカンレストラン「ハードロックカフェ」でセールス&マーケティングマネージャーを務めていた丸山裕美さんが独立して開業した。

 広さは231平方メートルで、席数は103席。外観は「ハリウッドをイメージした」という約5メートルの赤い「CALIFORNIA」の看板が目立つ。3階建てで、1階はカジュアルレストランをテーマとしたフロア、2階は「ビバリーヒルズのようなセレブな雰囲気をイメージした」というバーを併設したフロア、3階は7月から開始するビアガーデン専用のフロアとなっており、客はフロアごとに違うテーマを楽しむことができる。

 フードは「サーロインステーキ」(300グラム=3,564円~)、「フィレミニヨン」(150グラム=2,916円、300グラム=5,832円)など肉料理を中心に、アメリカ風のメニューを約70品用意。「とびだす!ココナッツシュリンプ」(1,706円)は、エビが飛び出すようなパフォーマンスを店員がするなど、提供時の演出も工夫する。ドリンクはビール・ワイン・シャンパン・ハイボール・カクテル・ソフトドリンクなど幅広く100種以上をそろえる。

 ターゲット層は20代後半~40代の「大人の女性」。客単価は4,500円~5,000円。丸山さんは「リーズナブルにおいしいお肉やアメリカンな雰囲気を楽しんでもらいたい」と話す。

 営業時間は17時~翌3時(日曜は24時まで)。

みんなの経済新聞ネットワーク

Yahoo!ニュースからのお知らせ